読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さなログ

高校生と中学生、トイプードルがいる40代フルタイムワーキングマザーです。

『沖縄慰霊の日に合わせて』

いつもご覧いただきありがとうございます♪

 

今日は食べ物のお話しではありません(;・∀・)

ちぇっ!つまんないの!って思っちゃいますよね。

私の思ったことを書くだけなので、

今日は閲覧もコメントも無理しないでスルーしてくださいね。

 

 

 

6月23日、沖縄慰霊の日。

戦争について再度考えなければいけない日でもあります。

 

小学生の女の子が朗読した平和の詩には涙が出ました。

headlines.yahoo.co.jp

 

私の母方の祖父は、

サイパン島で33歳の若さで戦死しました。

海で亡くなったと聞いています。

母が2歳の頃でした。

暗く冷たい海の中で何を思い、どんなに無念だったか。

考えるだけで胸が張り裂けそうです。

 

私に出来ること。

 

祖父には写真でしか会ったことがないけれど、

祖父のことを忘れないこと。

 

祖父が出来なかったことをする。

 

家族と仲良く過ごすこと。

子供をそばで見守ること。

困っている人を助けること。

仕事を一生懸命すること。

人に迷惑をかけないこと。

人にやさしくすること。

子供たちに平和の大切さを教えること。

命を繋いでくれた祖父に感謝し祈って生きていくこと。

 

 

息子が昨年6年生の時に書いた読書感想文は、

髙木敏子 著「ガラスのうさぎ」を読んで、

純粋な子供の立場から戦争について書いたものです。

沖縄慰霊の日に合わせてここに掲載しようと思います。

※読書感想部分は、はしょりますね。戦争に対しての彼の意見がメインです。

地区で入選しました。

 

ガラスのうさぎ

ガラスのうさぎ

 

 

 

ぼくには、お父さん、お母さん、姉がいます。

戦争がおき、敏子(主人公の名前です)のように

家族が亡くなったり離れ離れになることは

ぼくでも、家族でも、悲しいことだと思います。

ぼくの曽祖父は、戦争で亡くなっています。

祖母が2歳の頃だったそうです。

曽祖父がどんな思いで亡くなったかと思うと、

ぼくはとても苦しくて、悲しい気持ちになってしまいます。

こんな思いをする人が、世界中からいなくなることが、ぼくの希望です。

最近のニュースで安保法案が成立したのを知りました。

ぼくは、くわしいことはわからないけれども、

戦争をしないと決めた憲法第9条が少しずつ崩れていく気がします。

敏子や曽祖父がこのことを知ったら、どんな気持ちで受け止めるのでしょうか。

せっかく平和になったのに、また戦争が起きてしまうかもしれないと悲しむと思います。

戦争やテロの悲惨さをテレビで何度か見たことがあります。

人の命がうばわれることは、絶対に許せないことだと思います。

これからぼくがしたいことは、平和の憲法を守っていくことです。

そのためにはまずは、家族、友達、周りの人と仲良くしていき、

身近なところから平和をつくっていきたいです。

 

 

平和は身近なところから。

一番大切かもしれないですね。